キャスト中国ビジネス:法務・会計・税務・労務・人事・マーケティング・ウェブ・貿易・税関・通関業務をワンストップでコンサルティングサポート

キャスト中国ビジネス
  
 ホーム  カテゴリ別に見る  お問い合わせ
ログインID
パスワード
 パスワードをお忘れの方
 マーケティング・EC会員の方はこちらへ
中国法令対訳データベース
中国ビジネスQ&A (投稿)
中国ビジネスQ&A (一覧)
中国ビジネスQ&A (一覧)
キャスト会員サービスご案内
キャスト会員サービスご案内
キャスト会員サービスご案内
ミャンマー
キャスト・ベトナム・ビジネスのご案内
アクセスランキング
1. 外国中古設備の現金出資・現金売買と現物出資の比較検討等について
2. 無固定期間労働契約の締結要件について
3. 従業員に支払う「経済補償金」を考える
4. 債権譲渡取引に伴う保証債権の移転について
5. 親会社への債務保証料の送金
新法令速報
2018/6/15   新法令速報443号  NEW !
2018/6/8   新法令速報442号 会員限定 
2018/6/1   新法令速報441号 会員限定 
2018/5/25   新法令速報440号 会員限定 
2018/5/18   新法令速報439号 会員限定 
 全てを見る
キャスト中国ビジネス
メールマガジン
 会員サイト更新情報やキャストからの
 情報満載!(配信無料)

 ▼配信登録はこちらから
    配信規約に同意する 

  認証番号
 

 ▼配信解除はこちらから


メルマガ更新情報
 2018/6/18 vol.577 NEW !
 2018/06/11 vol.576 
 2018/06/04 vol.575 
 2018/05/28 vol.574 
 2018/05/21 vol.573 
全てを見る
お問い合わせ/ご相談は
キャストコンサルティング
(東京) 03-5405-7860
(上海) +86-21-6321-3000
 info@cast-consulting.co.jp
 お問い合わせフォームはこちら
企業案内
 キャストグループ
 
【東京】情報機構主催「中国における模倣品対策の実務~模倣品被害の現状と最新事例、日本企業としての対応~」(2017年3月16日開催)に弁護士法人キャスト島田敏史弁護士が登壇
2016年12月22日

弁護士法人キャスト島田弁護士が下記セミナーに登壇いたします。
お問合せ・お申し込みは直接主催者様までお願い申し上げます。

情報機構 セミナー
==============================================================
中国における模倣品対策の実務
~模倣品被害の現状と最新事例、日本企業としての対応~

==============================================================

【講 師】島田敏史弁護士(弁護士法人キャスト パートナー)

【日 時】2017年3月16日(木) 12:30-16:30

【会場】新宿エルタワー22階RYUKA知財ホール(東京・新宿)

【受講料】1名41,040円(税込(消費税8%)、資料付)
     *1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,240円
     *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。→「セミナー申込要領・手順」を確認下さい。

【主 催】株式会社情報機構

【セミナー内容】
1.中国における模倣品被害の概況は?
2.費用をかけて模倣対策をすることに意味があるのか?費用対効果は?
3.模倣被害を把握するための「調査」とは?被害の全体像を把握することは可能か?
4.警告状、行政摘発、刑事摘発、民事訴訟等の使い分けの基準は?
5.行政摘発の概要(権利毎の実務の実態)
6.刑事摘発の概要(権利毎の実務の実態)
7.民事訴訟の概要(権利毎の訴訟戦略の違い)
8.民事訴訟における損害立証方法、回収できる損害の見通し
9.知財裁判所の実態
10.商標権・意匠権・著作権といった権利によって取るべき対応策はどう違うのか?
11.インターネット上での模倣行為が増えているが、有効な手立てはあるのか?
12.中国から模倣品が輸出されているというのは本当か?どの程度輸出されているのか?
13.中国からの模倣品の輸出は止められるのか?
14.模倣対策費用を徹底的に抑えたいが、よい方法はあるか?
15.中国人と日本人の考え方の違い(調査会社との付き合い方)
16.嘘の情報を流すというのは本当か?
17.偽造案件の見抜き方は?
18.騙されないようにするにはどうしたらよいのか?

【ケーススタディー】
 (1) 【産業部品】模倣品のサプライチェーンを解明し、模倣対策の意義を明らかにする事例
 (2) 【事務用機器】摘発により市場の模倣品シェアを数十%→数%まで減少させる事例
 (3) 【機械部品】大型の製造業者を突き止め、摘発により製造行為を停止させる事例
 (4) 【玩具】インターネット上の模倣品販売リンクを80%近く減少させる事例
 (5) 【組立機器】模倣品対策のやり方を工夫して、費用を大幅に抑える事例
 (6) 【日用品】模倣業者に対し損害賠償を請求し、回収した賠償金を対策費用に充てる事例
 (7) 【機械部品】真偽が疑われる代理人の報告について、事実関係を確認し虚偽であることを確認する事例

(補遺)
 ・中国では一般名称化、普通名称化のリスクが高いというのは本当か?
 ・具体的にどのようにして防止、改善すればよいのか?
 ・ケーススタディー
 (1) 【医薬品】既に一般名称化してしまった疑いのある状況でこれを改善し、識別機能を取り戻す事例


【お申込み】所定の申込書に、必要事項をご記入の上、主催者様へお申込ください。
 
 情報機構様 セミナー案内(HPリンク)
        

このページをA4版で印刷する
 前のページに戻る


会社概要ご利用規約メルマガ配信規約プライバシーポリシー Copyright (C) CAST Consulting Co., Ltd. All Rights Reserved.