キャスト中国ビジネス:法務・会計・税務・労務・人事・マーケティング・ウェブ・貿易・税関・通関業務をワンストップでコンサルティングサポート

キャスト中国ビジネス
  
 ホーム  カテゴリ別に見る  お問い合わせ
ログインID
パスワード
 パスワードをお忘れの方
 マーケティング・EC会員の方はこちらへ
中国法令対訳データベース
中国ビジネスQ&A (投稿)
中国ビジネスQ&A (一覧)
中国ビジネスQ&A (一覧)
キャスト会員サービスご案内
キャスト会員サービスご案内
キャスト会員サービスご案内
ミャンマー
キャスト・ベトナム・ビジネスのご案内
アクセスランキング
1. 要注意!外貿公司の「輸出税額還付」
2. 中国に於ける独占禁止法抵触に関して
3. 従業員に支払う「経済補償金」を考える
4. 外国人就労に関する収入要件
5. 棚卸資産の実地棚卸について
新法令速報
2018/1/12   新法令速報423号  NEW !
2018/1/5   新法令速報422号  
2017/12/22   新法令速報421号 会員限定 
2017/12/15   新法令速報420号 会員限定 
2017/12/8   新法令速報419号 会員限定 
 全てを見る
キャスト中国ビジネス
メールマガジン
 会員サイト更新情報やキャストからの
 情報満載!(配信無料)

 ▼配信登録はこちらから
    配信規約に同意する 

  認証番号
 

 ▼配信解除はこちらから


メルマガ更新情報
 2018/1/8 vol.556 
 2017/12/25 vol.555 
 2017/12/18 vol.554 
 2017/12/11 vol.553 
 2017/12/4 vol.552 
全てを見る
お問い合わせ/ご相談は
キャストコンサルティング
(東京) 03-5405-7860
(上海) +86-21-6321-3000
 info@cast-consulting.co.jp
 お問い合わせフォームはこちら
企業案内
 キャストグループ
 
改正「出入国管理法」の施行(2013年7月1日)
2013年6月26日

 2013年7月1日より「中華人民共和国出境入境管理法」(以下、「出入国管理法」)が施行され、罰則規定や滞在手続に関して、従来とは異なるルールが適用されます。詳しくは、併せて施行される「中華人民共和国外国人入境出境管理条例」(以下、「管理条例」)において明らかにされる予定ですが、取り急ぎキャストで、中国で就労されるにあたり注意すべき変更点を以下まとめましたので、ご参考にしていただきますよう、お願い申し上げます。

(1)不法滞在・不法就労への罰則

 不法滞在の罰金上限が、5000元から1万元に引き上げられました(「出入国管理法」第78条)。
 不法就労の場合は、就労した本人への罰則だけではなく、不法就労を仲介した者・不法就労者を「雇用」した者、に対する罰則も含まれます(「出入国管理法」第80条)。また、就労許可・就労ビザ(Zビザ)を取得していても、許可を得ず職場を変更して稼働していた場合には不法就労とみなされます。

(2)査証(ビザ)の種類

 「出入国管理法」ではまだ詳細が定められていませんが、「管理条例(案)」では、「F査証(訪問ビザ)」での滞在が「非商業性交流」に限定され、商業・貿易活動には新たに「M査証」というカテゴリーが設定されます。

(3)居留許可(居留証件)と指紋採取

 居留許可の申請・取得時に、指紋等生態識別情報の保存が義務づけられます(「出入国管理法」第30条)。具体的な手続は、「管理条例」を参照してください。

(4)臨時宿泊登記の違反罰則
 臨時宿泊登記に対する違反罰則が、従来の最高500元から2000元に引き上げられます。(「出入国管理法」第39条)

「出入国管理法」の日本語訳は、キャストの会員サービス「法令対訳データベース」でもご覧いただけます。
http://law.cast-china.biz/index.php?Cmd=LawDetail&LSid=189&LMid=6&LGid=1&Lid=5513

「出入国管理法」(原文):
http://www.mps.gov.cn/n16/n84147/n84181/3314879.html

「管理条例」案(パブリックコメント案原文):
http://www.chinalaw.gov.cn/article/cazjgg/201305/20130500386562.shtml

このページをA4版で印刷する
 前のページに戻る


会社概要ご利用規約メルマガ配信規約プライバシーポリシー Copyright (C) CAST Consulting Co., Ltd. All Rights Reserved.