キャスト中国ビジネス:法務・会計・税務・労務・人事・マーケティング・ウェブ・貿易・税関・通関業務をワンストップでコンサルティングサポート

キャスト中国ビジネス
  
 ホーム  カテゴリ別に見る  お問い合わせ
ログインID
パスワード
 パスワードをお忘れの方
 マーケティング・EC会員の方はこちらへ
中国法令対訳データベース
中国ビジネスQ&A (投稿)
中国ビジネスQ&A (一覧)
中国ビジネスQ&A (一覧)
キャスト会員サービスご案内
キャスト会員サービスご案内
キャスト会員サービスご案内
ミャンマー
キャスト・ベトナム・ビジネスのご案内
アクセスランキング
1. 『中国・労働契約法の仕組みと実務』(村尾龍雄著 日本経済新聞出版社)
2. 従業員に支払う「経済補償金」を考える
3. 無固定期間労働契約の締結要件について
4. 「問題地図」の印刷請負・輸出入~四部門連合通知と、通報制度について~
5. 駐在員事務所に関して
新法令速報
2019/3/15   新法令速報479号  NEW !
2019/3/8   新法令速報478号 会員限定 
2019/3/1   新法令速報477号 会員限定 
2019/2/22   新法令速報476号 会員限定 
2019/2/15   新法令速報475号 会員限定 
 全てを見る
キャスト中国ビジネス
メールマガジン
 会員サイト更新情報やキャストからの
 情報満載!(配信無料)

 ▼配信登録はこちらから
    配信規約に同意する 

  認証番号
 

 ▼配信解除はこちらから


メルマガ更新情報
 2019/03/18 vol.613 NEW !
 2019/03/11 vol.612 
 2019/03/04 vol.611 
 2019/02/25 vol.610 
 2019/02/18 vol.609 
全てを見る
お問い合わせ/ご相談は
キャストコンサルティング
(東京) 03-5405-7860
(上海) +86-21-6321-3000
 info@cast-consulting.co.jp
 お問い合わせフォームはこちら
企業案内
 キャストグループ
 
村尾弁護士が取材をうけました『デキる弁護士、ダメな弁護士』(内藤あいさ氏著、講談社刊行)が発行されました
2010年3月30日

2010年3月20日、村尾弁護士が取材を受けました『デキる弁護士、ダメな弁護士』(内藤あいさ氏著、講談社刊行)が発行されました。

http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=272647


内容紹介
--------------------------------------------------------------------------------
カリスマ弁護士に学ぶ「見抜き方」
依頼の仕方、弁護費用、素朴な疑問に答える
医療過誤、株主総会、特許権侵害、中国ビジネス、会社更生、国との税務訴訟にも勝つ!

日本では刑事事件は、起訴されれば九九・九パーセントが有罪になる。なかでも、特に無罪を勝ち取ることが難しい事件があるのだという。「それは政治家の事件です。なぜなら、国策捜査だから。事件が全部“作られて”いますから、それを崩すのはとても難しい。(略)事実上、“狙われたらもうおしまい”で、裁判所も、政治家の事件に客観的に取り組もうという姿勢はない。つまり、政治家の事件は無罪にはなり難いのです」弘中は、収賄容疑で逮捕・起訴された鈴木宗男被告人の弁護人をつとめている。(略)「検察官側がぜんぶ筋書きを作っています。証人訊問でもぜんぶ脚本ができています。関係者はそれを暗記して臨むのです。“作られた脚本(原稿)”そのものを一部入手したことだってありますよ」――<第1章より>

●「ロス疑惑事件」 弘中惇一郎
●マスコミが変われば裁判も変わる
●総会屋対策 久保利英明
●プロデューサーとしての弁護士
●「青色LED訴訟」 升永英俊
●「1票の格差」訴訟を闘う
●中国ビジネスの守護神 村尾龍雄
●「中国は人脈がすべて」ではない
●会社法とM&Aの未来 中村直人
●労働市場も競争型に変わるのか

このページをA4版で印刷する
 前のページに戻る


会社概要ご利用規約メルマガ配信規約プライバシーポリシー Copyright (C) CAST Consulting Co., Ltd. All Rights Reserved.